スポンサーリンク

「私たちは人間だ」天神橋筋商店街に掲げられたのぼりの意味

天神橋筋商店街

我らが天神橋筋商店街に、120本もののぼりが掲げられました。

「新型コロナウイルスに負けない 私たちは人間だ」

という力強い文字と、人と人の握り合った手が描かれています。

こちらののぼりは、商店街内に事務所を置く広告企画・デザイン会社「LAUGHTER」の社長さんが製作・寄付されたそうです。

「オンラインもいいが人間同士の温かさを思い出して頑張ろう」という思いが込められているとのこと。

たしかに、天神橋筋商店街にはオンラインでは感じることのできない、何というか人々の親しみ、温かさがそこかしこに染みこんでいるような空気があります。

ポチっと押したら次の日には商品を配達してくれる、そんなオンラインショッピングも大変便利だし重宝しますが、

商店街をぶらぶらして目についたお店をのぞいてみるのも楽しいですよね。ここには何があるんだろうなんて、わくわくしながら。

そんな生き生きとした商店街の姿が戻ってくることをたくさんの人が待ち望んでいるんだなぁと、のぼりを見上げて改めて感じました。

こんな風に思いを形に、言葉にして発信されるのも天神橋筋商店街の魅力のひとつだと思います。

ちなみに、こののぼりはニュースでも取り上げられていますよ!

「私たち人間は負けない」 日本一長い商店街にのぼり(写真=共同)
日本一の長さを誇る大阪市の天神橋筋商店街に「新型コロナウイルスに負けない 私たちは人間だ」とのメッセージを掲げるのぼりが現れた。緊急事態宣言で外出自粛が求められる中、商店街の人の多さが問題視もされる