【なんでもないナンモリNo.8】雨空の満月「コーンムーン」

2020年9月の満月は「コーンムーン」

2020年9月2日。

雨模様な上に台風も近づいて、9月らしいと言えばらしい天気なのですが・・・

本日は9月の満月「コーンムーン」が夜空に浮かぶ日です!

満月にはネイティブ・アメリカンから広まった月ごとの呼び名があり、9月の満月は「コーンムーン」または「ハーベストムーン」と呼ばれます。

「コーンムーン」はその名の通り、トウモロコシを採取する時期であることに由来しています🌽

「ハーベストムーン」は作物の収穫シーズンに浮かぶ月、という意味が込められています。

ちょうどこの時期、月が大きく明るく輝くことで、農民は夜遅くまで作物を収穫することができたそうです。

実りの秋って感じですねー😀

ちなみに、「ハーベストムーン」は正確には「秋の分点(秋分の日)に最も近い満月」のことを指しているので、年によって9月の満月を指したり、10月の満月の指したりします。

2020年の満月は9月2日と10月2日。秋分の日に近いのは10月2日の方なので、そっちが「ハーベストムーン」です。

なので、今年に関しては9月の呼び名は「コーンムーン」のみですね。

なお、12ヵ月の満月の呼び名は下記の通り。

1月: Wolf Moon/Old Moon(狼が空腹で遠吠えをする頃)
2月: Snow Moon/Hunger Moon(狩猟が困難になる頃)
3月: Worm Moon/Sap Moon(土から虫が顔を出す頃/メープル樹液が出る頃)
4月: Pink Moon(フロックス/Phlox というピンクの花が咲く頃)
5月: Flower Moon(花が咲く頃)
6月: Strawberry Moon(イチゴが熟す頃)
7月: Buck Moon(雄ジカの新しい枝角が出てくる頃)
8月: Sturgeon Moon(チョウザメが成熟し、漁を始める頃)
9月: Corn Moon(とうもろこしを採取する頃)/Harvest Moon(収穫の頃)
10月: Hunter’s Moon(狩猟を始める頃)/Harvest Moon(収穫の頃)
11月: Beaver Moon(毛皮にするビーバーを捕獲するための罠を仕掛ける頃)
12月: Cold Moon(冬の寒さが強まり、夜が長くなる頃)
引用元:junglecity.com「満月の呼び名 1月から12月まで勢ぞろい」

5月と6月は以前記事にしておりますので、よかったら合わせてどうぞ!
・5月【なんでもないナンモリNo.6】2020年のストロベリームーン!6月の満月、南森町にて。
・6月【なんでもないナンモリNo.5】今宵はフラワームーン!ナンモリから見上げる夜空ノムコウ

天神橋筋から見上げる満月「コーンムーン」

前置きが長くなりましたが、南森町におけるコーンムーンの様子を見てきました!

天神橋筋から見上げる満月 コーンムーン

天神橋筋にて。象印さんやMakitaさんがある通り沿いです。

台風が近づいていることもあり、あいにくの曇り空ではありましたが・・・月が雲にかくれてしまう前に、一目見ることができました!

大阪市内は高層ビルが多いので月や星が見えづらいイメージですが、意外とよく見える場所もあります。

南森町周辺だと、大川沿いや扇町公園あたりが素敵スポットだと思います☆彡

観測される際は、台風にお気を付けくださいまし。

ラバーダックがいなくなった大川沿い、ちょっと淋しいですね。